【寝屋川・門真】お葬式でよくある質問 葬儀費用について

Pocket

一口に葬儀費用といっても、実は葬儀社への支払い以外にも

費用は発生します。

今回は一般的な費用の内訳をお話していきたいと思います。

葬儀費用の内訳

消費者にとっては「葬儀代=掛かった全費用」と捉えるのが普通ですが、

実際には細かく分かれています。

①葬儀プラン(コース)

祭壇、お棺、遺影写真、寝台車、、、など

※葬儀社によって含まれるものが異なります。

②式場使用料

自社ホールを持っていない葬儀社では別途費用が

発生するケースが多いです。

③火葬料

各自治体へ火葬場の使用料を支払います。

平均は1~2万円程。

※市外の火葬場を利用したり、東京などの民営火葬場の場合は

使用料が高くなります。

④接待費用

飲食代や、会葬者への返礼品代です。

⑤宗教者への御礼

いわゆるお布施です。お付合いのある寺院などがある場合は、

直接ご相談されるのが安心です。

⑥その他

①のプランに含まれない生花・供物の追加などがこれにあたります。

 

人数やお料理、どれだけのお花を希望するか、などによって

費用は異なってきます。

パンフレットやホームページを見るだけではなく、

見学に行って話を聞いたり、電話で質問するなどして

しっかりと見定めましょう。

互助会などの場合

一概に全てがそうとは言えませんが、多くの場合

30万円、60万円と積立てをしたプラン(コース)には

全ての必要不可欠なものは含まれていません。

複数口もっていたとしても、それは使えるものが

決まっており、葬儀は豪華で立派には出来るが

結局費用は高いままだったというのが現実としてよく聞きます。

互助会に入っているけど、内容をよく分かっていないという方は

ぜひ一度見積りをとってもらったり、説明を受ける事をお薦めします。

まとめ

どうしても私たちは自分にとって都合の良いように物事を

考えてしまいがちです。

しかしお葬式は一回きりですし、費用も大きなものです。

車や家を購入するときには、幾つかのお店を回ったり

相見積もりをとったりしませんか?

ぜひ後悔のないように、時間のあるときに

見学や事前相談に行ってみて下さいね。

\ SNSでシェアしよう! /

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クオーレ萱島(寝屋川) 家族葬・葬儀の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!