【寝屋川・門真】お葬式でよくある質問 福祉葬

Pocket

今回もお葬式でよくあるご質問に答えていきます。

「生活保護を受けているんだけど、お葬式はどうしたら、、、」

生活保護を受けている方が喪主になる場合や、受給者が亡くなった場合、

自治体から扶助を受けて葬儀を執り行う事が出来ます。(葬祭扶助)

福祉葬民生葬と呼ばれています。

誰でもOKなの?

生活保護を受けて入れば、誰でも大丈夫、という訳ではありません。

亡くなられた方、もしくは葬儀を出す方(喪主)が生活保護を受けており、

地方自治体(市役所など)が、自分たちで葬儀を行う事が困難であると

判断した場合に可能となります。

いざというときになって慌てない為に、事前に市役所窓口や

民生委員、ケースワーカーなどに相談しておくと安心でしょう。

申請はどのようにしたら?

基本的には亡くなられてから、お葬式を行うまでに申請する必要があります。

各地方自治体によって若干異なりますが、死亡届の際に、市役所や福祉事務所

などで申請する事が多いです。

金銭面での審査等もあるので、ご家族も訪問が必要であったり、

事前に相談していれば電話連絡だけで大丈夫であったりと、

対応は様々です。やはり事前のご相談がお薦めです。

内容はどのようになりますか?

生活保護法に基づき、必要最低限のもので行う事になっています。

自治体によって若干異なりますが、いわゆる直葬(火葬式)と呼ばれる形式です。

霊柩車や棺、ドライアイスなど必要不可欠なものは含まれますが、

寺院の御礼や生花などは含まれない事がほとんどです。

これらもあらかじめ確認しておかれると安心です。

手持ちのお金と、葬祭扶助で普通のお葬式は出来るの?

これは出来ません。生活保護法の規定に基づいて行わなければなりませんし、

経済力があると判断されれば、葬祭扶助も貰えなくなります。

まとめ

一般のお葬式と同様に、あまり経験する事でもありませんし、

初めてという方がほとんどだと思います。

事前に葬儀社や市役所などにご相談されるのが安心です。

\ SNSでシェアしよう! /

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クオーレ萱島(寝屋川) 家族葬・葬儀の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!