【寝屋川・門真】お葬式でよくある質問

今回も、お葬式でよく頂く質問にお答えしていきます。

 

「お葬式のときに、よく神棚に白い紙を貼ってますが、あれは何の為に?」

 

これは「神棚封じ」と言います。神道では「死」は穢れだと考えられる為です。

神様が嫌う死を近づけない為に、そしてご遺族が深いお悲しみの間、

神様と距離をおく為に行うものです。

神棚の扉の正面に白い半紙(無ければ白紙でも可)を貼ります。

一般的には50日間(50日祭)が終わるまで封じておくのが良いそうです。

ただし、地域によって作法や期間は若干異なりますので、年長者の方や地元の葬儀社に相談されると安心です。

お家は仏教でも、神棚を構えておられるご家庭は多いと思いますので、

ぜひ参考になさって下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クオーレ萱島(寝屋川) 家族葬・葬儀の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!