【寝屋川・門真】お葬式でよくあるご質問 過去帳について

Pocket

「浄土真宗でお葬式をしたんだけど、本位牌は不要と言われたんですが・・・」

仏教でお葬式を行った場合、ほとんどの宗派では白木の位牌を寺院から頂いて、これを満中陰法要(四十九日)まで自宅の祭壇に飾ります。法要を以って、本位牌(塗位牌)へと変わる事がほとんどですが、浄土真宗では本位牌を用いず、過去帳へ記名するのみとなります。

浄土真宗の場合、「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」の考え方をとっています。これは、「仏様を信じ、尊び、拝むと決めたのであれば、その時点でその人は仏になることができる」というものです。故人はすぐに仏様になるのだから魂もなく、位牌に入れるものがないと考えるのです。

そのため、浄土真宗において位牌は必要ありませんし、原則として使いません。ただ、「先祖の痕跡がなくなるのは辛い」と感じる人もいるでしょう。そのような気持ちに寄り添うものとして、過去帳や法名軸(亡くなった人の名前や、亡くなった年月日を書く)があります。これを位牌の代わりにして仏壇に飾ってもよいとされています。
ただし、過去帳や法名軸はあくまで「記録」のためにあるものです。信仰やお祈りの対象となるものではありません。浄土真宗における信仰の対象はあくまで仏様であって、過去帳や法名軸ではありません。
尚、「浄土真宗では位牌を使わない」としましたが、現在では「基本的には置く必要のないものだが、絶対に置いてはダメというものでもない」と考える僧侶もいます。浄土真宗の場合は過去帳を位牌の代わりに使えばよいのですが、どうしても位牌を置きたい、と考えるのであれば、菩提寺の住職などに相談してみるとよいでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クオーレ萱島(寝屋川) 家族葬・葬儀の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!