【寝屋川・門真】お葬式でよくある質問「喪中ハガキが届いたら?」

Pocket

「喪中ハガキが届いたのですが、何かするべきでしょうか?」

今回はこんな質問を頂いたのでお話していきたいと思います。

喪中ハガキが届いた場合、どのように対応していいか悩みますね。

適切な対応ができず、ご遺族に失礼な印象を与えてしまうことや、誤って年賀状を送ってしまうことは避けたいところです。

喪中ハガキの届く時期とケース別の対応方法についてご紹介します。

喪中ハガキが届くのは11月中旬から12月初旬

喪中ハガキとは、「喪に服しているため、年賀状を出せない」という趣旨を伝える挨拶状のことです。

正式には「年賀欠礼状」といい、一般的に、例年年賀状をやり取りしている相手に出します。

相手が年賀状の準備をする前に届くようにするため、11月中旬以降、遅くても12月初旬までに届くように出しましょう。

喪中ハガキが届いた場合の対応について

既に知っていた場合➡喪中見舞いor年始状を出しましょう

喪中であることを既に知っている場合は、「喪中見舞い」か「年始状」を出しましょう。

喪中見舞いとは、喪中ハガキが届いた場合に、年内に出す挨拶状のことです。

喪中見舞いを出すことによって、「喪中ハガキの挨拶に対するお礼」と「年賀状を遠慮する旨」を伝えることができます。

また、悲しみの中にいるご遺族にお悔やみの言葉や励ましの言葉を届けることによって、心の支えとなる役割も果たします。

何もしなくても失礼には当たりませんが、喪中見舞いを出せばより丁寧な印象を持たれるでしょう。

 

年始状とは、喪中の方に向けて年賀状の代わりに出す新年の挨拶状を指します。

元日から松の内の間(一般的には、東日本は1/7、西日本は1/15)に届くように出します。

特に年が明けてからすぐに顔を合わせる方に出すのに適しています。

会社の同僚や上司の場合は、仕事始めに顔を合わせるため、正月三が日に届くように出した方が良いでしょう。

年始状は、特に良い印象を持ってほしい方や、日頃から大切に思っている方に送るのに適した挨拶状です。

喪中ハガキで初めて知った場合➡喪中見舞い、年始状、寒中見舞いのいずれかを出しましょう

喪中ハガキで初めて不幸を知った場合は、年賀状を送るのは控え、

「喪中見舞い」「年始状」「寒中見舞い」のいずれかを送りましょう。いずれかを送ることによって、

ご遺族に、「不幸を知らなかったことに対するお詫び」と「お悔やみの言葉」を伝えられるからです。

・喪中見舞い

喪中ハガキ届き次第、年内に出す挨拶状です。「喪中ハガキの挨拶に対するお礼」と「年賀状を遠慮する旨」を伝える役割を持ちます。

・年始状

元日から松の内の間に届くように出します。喪中である相手に送る、年賀状の代わりの挨拶状です

・寒中見舞い

松の内が明けてから節分の間までに出します。寒中見舞いは、本来は暑中見舞いと同じ季節の挨拶状でしたが、最近は、喪中の方や年賀状を出しそびれた場合に出すのが一般的となっています。

既に年賀状を出してしまった場合➡寒中見舞いを出してお詫びをしましょう

一般的には、喪中の方には年賀状を送るのを控えることが常識とされていますが、

もし誤って送ってしまっても、お詫びをすれば問題ありません。

「喪中」には、故人を偲んで悲しみの中にいるため、お祝い事をする気分ではないという意味があります。

喪中の方が例年通り年賀状を送ってほしいということであれば、励ましの意味も込めて年賀状を送りましょう。

「寒中見舞い」とは、松の内が明けてから節分の期間までに送る挨拶状です。

地域や家庭によって松の内の明けの正確な時期は異なるため、1月16日以降に届くようにするのが無難です。

喪中とは知らずにすでに年賀状を出してしまった場合は、寒中見舞いを送ってお詫びをしましょう。

自分も喪中の場合➡喪中ハガキを出しましょう

自分も喪中の場合は、「自分も喪中であること」と「お悔やみの言葉」を伝えるために「喪中ハガキ」を送りましょう。

喪中はがきは、例年年賀状のやり取りをしている相手に出します。

喪中はがきを出すことで、喪に服しているため、年賀状を出さないということを知らせることができます。

相手が喪中の際にこちらも喪中であることを伝えることは、失礼には当たりません。

ただし、相手も喪中であれば、お悔やみの言葉を忘れずに添えましょう。

喪中であることを早めに伝えるためにも、11月中旬から遅くても12月初旬までに届くように出します。

(例)年賀状で結婚を報告する予定だった場合

結婚報告をする場合は、年賀状を送るのは控え、寒中見舞いでシンプルに伝えましょう。

喜ばしい報告でも、相手が喪中の際は、マナーを守って報告する必要があります。

喪中の場合の結婚報告は、喪中である相手のことを優先しましょう。

寒中見舞いで結婚報告をする際は、以下の2つのマナーを守りましょう。

  • ①写真を載せるのを控える
  • ②詳細に報告するのではなく、「ご報告があります。結婚しました。」などとシンプルに一文添える程度に留める

まとめ

喪中ハガキが届くと、どう対応していいか迷いがちですが、パターンをしっかりと把握して対応すれば問題ありません。

相手が喪中であることを知っていた場合は「喪中見舞い」、

喪中はがきで初めて知った場合は、「喪中見舞い」「年始状」「寒中見舞い」のいずれかを送ります。

すでに年賀状を出してしまった場合は、「寒中見舞い」を送ってお詫びをしましょう。

自分も喪中の場合は、相手にお悔やみの言葉を伝えるとともに、自分も喪中であることを伝える「喪中はがき」を送ります。

尚、年賀ハガキは使わない、「賀・慶・祝・寿」を含むお祝いの言葉を使わない、

結婚などの嬉しい報告は簡潔に書くか、控える、

なども注意しましょう。

どのパターンであっても、ポイントをきちんと押さえて対応することが大切です。きちんと対応して、個人へ哀悼の意を表し、ご遺族に失礼のないようにしたいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クオーレ萱島(寝屋川) 家族葬・葬儀の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!