【寝屋川・門真】お葬式でよくある質問「死亡届を出したら口座が凍結されますよね?」

Pocket

「死亡届を出したら口座が凍結されますよね?」

これもよく頂く質問ですが、結論から言うとNoです。

少し詳しくお話していきますね。

銀行口座が凍結される理由

銀行は故人の訃報を知ると故人の口座を凍結し、

お金の引き出しや預け入れ、自動引き落としも出来なくしてしまいます。

銀行口座が凍結される理由は、故人の預貯金が「遺産」の対象となるからです。

特に預貯金は銀行のATMで、親族が故人のキャッシュカードを持参し暗証番号さえ入力すれば、

本人確認の必要が無いため、預金者本人でなくとも容易に引き出すことが出来ます。

そのため、親族が勝手に預金引き出しを行い自分の物とした場合、

後日、他の相続人とのトラブルが発生するようなことも想定されます。

銀行としては、安易に故人の預貯金が引き出されてしまうと、他の相続人から抗議を受けることがあり、

相続争いに巻き込まれない為に故人の口座を凍結しているのです。

銀行が故人の訃報を知る手段

銀行が故人の訃報を知るのは、基本的に家族からの申し出による場合がほとんどです。

(例)葬儀の為に必用なお金を窓口に下しにいく、相続の申し出をする、など

ただし、銀行は遺族からの申し出がない場合でも、新聞のお悔やみ欄、

取引の過程で故人の訃報を把握することがあり、このようなケースで凍結されることもあります。

銀行にお勤めの方や、銀行員が葬儀に参列していたりすれば訃報を知るので、

凍結される可能性が高くなります。

そのため、遺族が銀行に知らせていないのに、気付いたら口座が凍結されていたという事は低確率ですがあり得ます。

一方、死亡届を市区町村役場へ提出すると、市区町村役場から銀行へ連絡されるので、

それまでに故人の銀行口座から出金する、と言う話を聞きますがこれは誤解です。

市役所等から銀行へ死亡情報の報告があるということはありません。

個人情報の取り扱いが厳しい昨今では特にあり得ません。

ただし、例えば年金が何カ月も入金されていない、光熱費などの引落しが無くなっている、

など時間が経つにつれ感づかれるかもしれません。

おそらくその頃には手続きも落ち着き、問題ないとは思われますが。

ですので、葬儀社が死亡届を代行する事が増えていますが、

それで「即凍結!」という事には原則なりませんので、安心してお任せしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クオーレ萱島(寝屋川) 家族葬・葬儀の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!