【寝屋川・門真】葬儀でよく使う「ご冥福をお祈りします」という言葉について

Pocket

お通夜や葬儀に出席してご遺族とお話するときや、

弔電・メールなどにもよく含まれている、

 

ご冥福をお祈りします

 

という言葉ですが、実は宗派・宗教によっては相応しくない場合もあります。

実際に、会社からの弔電を準備して上司の方にチェックをしてもらったところ、

「他の言葉に代えなさい」と言われた事があるという方から

お話もありましたので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

『冥福』という言葉の意味

「冥」は冥土、つまり「死後の世界」を、「福」は「幸せ」を表します。

「冥福」とは「死後の世界の幸せ」を意味し、「ご冥福をお祈りします」は

死後の世界での幸せを祈っているという気持ちを伝える言葉になります。

一般的にお悔やみの言葉はご遺族の方に向けたものですが、

「ご冥福をお祈りします」は故人に伝えるべき言葉です。

「○○様のご冥福をお祈りします」と故人の名前をつけるのを忘れないようにしましょう。

どなたにでも使えそうな綺麗な言葉ですが、

一部の仏教、神道、キリスト教などでは相応しい言葉ではありません。

他の使いやすい言葉

「ご愁傷様です」

ご遺族の方に向けたお悔やみの言葉で、

気の毒に思うという意味が込められています。どの宗派でも使えますが、

「ご愁傷様です」だけではお悔やみの言葉としては少し言葉足らずです。

「突然の事により言葉がございません」

「何かお役に立てることがあれば仰って下さい」

といった一言を添えることをおすすめします。

ご遺族へのお悔やみと、悲しい気持ちや相手を気遣う気持ちを伝えられるでしょう。

「お悔やみ申し上げます」

ご遺族の気持ちを配慮する、故人の死を悲しむという意味を持つ

お悔やみの言葉です。通夜や葬儀の定型句なので、宗派を気にせず使えます。

故人の死を悲しく思う気持ちとともに、ご遺族への配慮も伝えられるので

「お悔やみ申し上げます」という言葉だけで十分です。

さらに、「心より」「謹んで」と頭に付け加えれば、目上の方に対しても失礼のないお悔やみの言葉になります。

「哀悼の意を表します」

口頭では使わず、弔電やメールのような書き言葉で使う言い回しです。

文章なら違和感のない文語体のため、口頭で伝えるには不向きといえるでしょう。

故人の死を悲しみ、心を痛めているという意味なので、ご遺族へのお悔やみの言葉としては適切です。

弔電はもちろん、失礼に当たらない間柄であれば、

メールやメッセージツールでお悔やみの言葉を送る際に使うとよいでしょう。

まとめ

「ご冥福をお祈りします」というよく使われている言葉ですが、

誰にでもOK!ではありません。

他にも目上の方に対しては相応しくない、

「胸中をお察しします」なども注意が必要です。

判断が難しい場合は、分からないままにせず、

上司や年長者の方、担当の葬儀社などへ相談するようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クオーレ萱島(寝屋川) 家族葬・葬儀の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!