【寝屋川・門真】お葬式でよくある質問 副葬品について

Pocket

副葬品とは

副葬品は故人と一緒に棺の中に納める品です。

日本では古来より副葬品の風習があり、

古墳から出土された土器、武具、装身具などは歴史や文化を知る貴重な手がかりです。

古代の副葬品は死後の世界で過ごす死者のために選ばれていましたが、

現代では思い出の品を手向けとして副葬品にするケースがほとんどです。

副葬品として納められる例

・手紙

副葬品の手紙は二種類あります。

ひとつは、生前に故人が受け取り大切にしてた手紙です。

もうひとつは故人への思いやメッセージを綴った、家族や友人から故人へ送る手紙です。
色紙に寄せ書きをして納める場合もあります。

 

・衣類、洋服

故人がお気に入り、思い入れのある洋服や着物です。ハンカチや帽子など服飾小物を入れることもあります。

近年は湯灌の後に、白装束ではなく私服を着せるケースも多いので、

これらを着付けする事もあります。

 

・その他

他にも、少量の食品、飲物(ペットボトルや缶はダメ)、

朱印帳などを納められる事も多いです。

千羽鶴もよく希望として挙がりますが、

大量の紙は燃えにくいので、葬儀社に相談しましょう。

副葬品として入れてはいけないもの

・不燃物(貴金属、ガラス製品、カーボン製品など)

時計、メガネ、指輪などが当たります。

いつも身に着けていたものですから、一緒に納めたいと思われるはずです。

しかし不燃物は燃え残りますし、遺骨を傷つけたり、

火葬炉へ損傷を与えたりするのでNGです。

葬儀後にお骨のそばに置いてあげたり、形見として

近しい方が引き継いであげましょう。

事前に届出、相談が必要なもの

ペースメーカーです。

故人が生前ペースメーカーを入れていた場合、

亡くなったときに取り外すことはほぼなく、そのまま葬儀・火葬となります。

ペースメーカーは火葬時に爆発するおそれがありますので、

必ず事前に葬儀社と火葬場の担当者へ伝えておきましょう。

まとめ

現代ではほとんどが火葬となっています。

土葬の時代に比べると、どうしても副葬品に制限ができますので

不自由に感じるかもしれません。残念な思いをすることもあるでしょう。

ですが、ルールを守ったうえで副葬品を選ぶことで、故人を丁寧に送り出せます。
入れられるかどうか判断に悩む場合は、

必ず担当してもらう葬儀社へ相談しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クオーレ萱島(寝屋川) 家族葬・葬儀の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!