【寝屋川・門真】お葬式でよくある質問「仏壇はどの向きで設置するの?」

Pocket

お葬式が終わった後によく頂く質問ですね。

仏壇はどの向きに設置したらいいの?

こちらに答えていきたいと思います。

宗派による違い

宗派によって考え方が異なります。寺院様や仏壇店に確認するのが一番ですが、

少し知識として知っておきましょう。

天台宗・浄土宗・浄土真宗

天台宗・浄土真宗・浄土宗では、東向きとなる西方浄土説の配置を推奨しています。

3つの宗派で信仰する阿弥陀如来は西の極楽浄土にいるため、

仏壇の背を西に向けることで故人と仏様を同時に拝めるとされています。

真言宗

真言宗では、総本山である和歌山県高野山の金剛峰寺に向かって拝む、本山中心説の配置を推奨しています。

そのため、仏壇を配置する部屋と総本山の位置関係を計算し、仏壇の向きを決める必要があります。

曹洞宗・臨済宗

曹洞宗・臨済宗では、南向きとなる南面北座説の配置を推奨しています。

中国からの伝来や利便性以外に、仏教の開祖であるお釈迦様が南向きで説法を行っていたことも理由の1つです。

その他の宗派

独自のルールや考え方があるかもしれませんので、

寺院様や宗教者の方に確認するのをお薦めします。

仏壇の向きに関する4つの説

上述した3つの説を含め計4つの説があります。そちらをおさらいします。

①南面北座説

南面北座説では、仏壇の正面を南向きに配置します。

古代中国において、高貴な身分の人が北を背にして座っていたことが由来です。

また、仏壇を南向きに置くと直射日光が当たらず風通しもよいため、

仏壇が傷みにくい点でも推奨されています。

②西方浄土説

西方浄土説では、仏壇の正面を東向きで配置します。

仏教における理想世界であり、阿弥陀如来や故人が暮らす極楽浄土がある西向きに拝むことを最適とする方角です。

また、インドにおいて日が昇る東は立身出世につながるとされ、

家の主人が縁起を担いで東向きに座る風習に倣ったとも言われています。

③本山中心説

本山中心説では、仏壇を拝む際に各宗派の総本山も同時に拝める場所に配置します。

信仰する宗派や居住場所、部屋の間取りによって仏壇の位置や向きが異なるため、

特定の方角は決まっていません。

④春夏秋冬説

春夏秋冬説は、ご先祖様や故人が安らかに眠れるのなら、

仏壇の置き場所にこだわらなくても供養できるという説です。

「万物が芽生える春=日が昇る東」「実が熟する夏=陽光が燦々と降り注ぐ南」

「収穫を迎える秋=日が沈む西」「万物を収める冬=陽光が遮られる北」

と例えられます。

どの季節にも意味があるように、方角によって優劣は付けられないとする考え方です。

設置に適した場所

仏壇を置くときは、仏様の向き以外に設置場所にも気を付けなければなりません。下記は、仏壇を設置する際に適している場所の一例です。

●仏間

●床の間

●客間

●茶の間

●リビング

上記の中で仏壇の設置に最も適した場所は、仏壇のために設えられた仏間です。

仏間がない場合は、部屋の中でも上座に該当し、日の当たり具合や風通しが良好な床の間がよいでしょう。

客間や茶の間などの和室は仏壇との調和性が高く、

「毎日手を合わせやすい」「法事の際に人が集まりやすい」

という利便性も兼ね備えた設置場所です。

また近年は「ご先祖様や故人が常に家族を見守ってくれている」という安心感を得られる点で、

リビングも適しています。

リビングに仏壇を設置する場合は、洋室でも違和感が少ないデザイン・素材を使用したタイプ、

スペースがなくてもお参りしやすいコンパクトサイズが人気です。

まとめ

仏教の教えでは「どの方角にも仏様がいる」と考えられているため、

仏壇の配置に絶対的なルールはありません。

しかし、宗派の考え方によっては最適とする仏壇の向きが異なるケースがあります。

自分の信仰する宗派がどの向きを推奨しているのか確認した上で、

直射日光や湿気の多い部屋は避け、住宅環境に合った設置場所を決めることが大切です。

仏壇の飾り方は、基本を押さえれば問題ありません。飾り方や置き方に不安がある場合は、寺院様や仏壇店へ確認することをお薦めします。

\ SNSでシェアしよう! /

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クオーレ萱島(寝屋川) 家族葬・葬儀の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!