【寝屋川門真の葬儀メモ】家族葬の流れ、抑えるべきポイント

Pocket

家族葬は、家族や親しい方々で行う葬儀の呼び名です。ごく親しい身内である故人と縁が深かった人々で行うものです。家族葬の特徴は大切な故人様を心を込めて、ゆっくりと見送ることが出来ることです。

そんな家族葬の流れはどのようなものなのかをなかなか知る機会はありません。ポイントを抑えて家族葬を無事に終えることが出来るようにしましょう。

家族葬の一般的な流れ

参列するのが主に家族や親族であることが一般葬とは大きく違います。まず、喪主が参列して欲しいと思う親族に連絡を取ります。そして、家族葬の内容や参列者への挨拶など重要ことを相談しながら進めます。

家族葬という名前から家族だけで行う葬儀なのかと考えますが、ご家族様だけの葬儀ではありません。ご親族やご友人などの親しい方々もお呼びすることが出来ます。

規模が小さいことが特徴で、流れは一般葬とそう変わりなく進行します。それぞれの宗教や宗派にのっとり儀礼なども一般葬と同じようにきちんと行います。故人様が無宗教の場合は自由葬で行われ、宗教的な儀式は執り行われません。

家族葬で一番に考えること

密葬と言われる葬儀の形態が昔からあります。家族葬と混同してしまいますが、身内だけで行う葬儀のことを指します。密葬が終わると一般の方に知らせて、それから本葬の流れで一般的な葬儀が再び執り行われるようです。

家族葬は、葬儀が告別式となり家族葬を行った後に本葬を行うことはありません。密葬との区別するために家族葬という言葉が生まれたとも言われています。家族葬の後で、故人様の友人などが別れを惜しみ、お別れ会を開く場合もあるようですがそれは、葬儀ではありません。

家族葬の一番の特徴は、家族や親しい人達で行える葬儀であり、遺族さまの精神的な負担が少なくてすむことです。参列者が多いと、ご遺族さまは準備や挨拶、返礼品を配るなどの雑用に追われることが多く、せっかくの故人様を偲び、お別れをするという大切な時間が奪われてしまうことがあります。

しかし家族葬は、義理のお付き合いの方々の対応に追われることなく、家族で故人様との思い出を語り合う時間が多く取れ、心残りなく故人様を見送ることが出来ます。家族葬プランでセットになっている葬儀もあるので、忙しいご遺族様には精神的にも金銭的にも負担が軽くなるようです。

家族や親族だけで行う家族葬は、ご遺族の考えで、故人様の思い出の残る品々を飾り、工夫を凝らした個性的な葬儀を執り行うことも可能なので、自分たちだけの思い出に残る葬儀にすることも出来ることは魅力です。

家族葬にかかる費用

少ない人数で行われる家族葬ですが、葬儀会社のセットに含まれる内容は一般の葬儀と同じで、葬儀場費用や、祭壇や棺等の使用などは変わりません。一般葬との大きな違いは参列者の人数が少ない分、用意する通夜振る舞いや、返礼品の数の差で費用が抑えられることでしょう。

すべてを賄(まかな)うわけではありませんが、葬儀の費用の多くはお香典で賄われることが多いようです。一般葬よりも家族葬は、香典で頂く金額が少なくなる傾向があります。

家族葬でも葬儀費用は一般葬とあまり大きく変わりません。香典で頂く総額が少なければそれだけ、葬儀費用などの負担金額が多くなる傾向があることは否めません。

家族葬のメリット・デメリット

家族葬のメリット

・ゆっくりと落ち着いた葬儀が行える

一般的な葬儀とは違い、家族が葬儀に呼ぶ人を決めることができるので、ご近所やお仕事関係など一般の弔問客への気遣いで慌ただしく過ごすことなく、親しい方だけで、故人様を送りだすことが出来ることです。故人様との思い出を偲び、語り合い、落ち着いた雰囲気でゆっくりとお別れの時間を持つことが出来ます。

・好みに合わせた葬儀の形に出来る

特定の信仰がない場合には、葬儀の形を自由に選べます。お坊さんの読経を詠み焼香などの宗教的な儀式ではなく、自由葬の形をとり、お別れ会と称して気軽な葬儀を行うことが出来ます。また通夜式を行わず、告別式だけの1日だけの葬送儀礼式というもので終わらせるものもあります。

故人様の好みの音楽を自由にBGMとして流すことも出来ます。にぎやかな雰囲気が好きだったのという故人様の意向をくみ取り、食事をしながら、にぎやかにお別れをする無宗教の教葬など、様々なスタイルの葬儀があるので、葬儀会社に気軽に相談してみましょう。

・一般葬に比べて費用が抑えられる

葬儀の大まかな準備は葬儀社に依頼することは一般葬とは変わりませが、家族葬では、お料理や返礼品の準備を自分たちで自由に選べて食事がいるかどうかや返礼品も準備するかどうかは、選べることが多いです。

ご近所やお仕事関係の方もお呼びするといった大掛かりな一般葬より、参列する人数は少なくなることで費用を抑えられます。

葬儀会場の費用も小さくなる分使用料や葬儀社スタッフの人件費など少なくて済みます。料理の数や会葬返礼品のも少なくなることで、ご葬儀にかかる全体的な費用が安く抑えられます。

家族葬のデメリット

・参列者を選ぶのが難しい

家族葬では、葬儀に呼ぶ人選に悩むことがあります。身内だけで行ったことを葬儀後に手紙などで報告するのですが、呼ばなかった人々に「どうして呼ばなかったの?」と思われて不義理が生じる場合があります。

訃報を知らせなかったことで、不義理が生じるのならば、故人様の遺志で、身内だけで家族葬を行なったことを前もって知らせておいた方が良いこともありますが、呼ぶかどうか迷った方々には、今後のお付き合いの兼ね合いも考えて、呼んでおいた方が良い場合もあります。

・自宅への弔問客が増える

ご自宅へ焼香を上げさせてと、弔問に訪れてくれる人もいますが、葬儀に参列できなかった方々の数が多いので、一般的な葬儀に比べると多くなるようです。

弔問に突然訪ねてこられるとその対応にアタフタすることを頭に入れておきましょう。そのような場合は、弔問に訪れてくれた方の気持ちを受け取り、香典返しをお渡しします。

まとめ

家族葬といえども、一般の葬儀の流れとは遜色なく行われます。少人数で行わることのメリットやデメリットをよく考えて家族様の心残りのないような葬儀を行えることが故人様の願いでもあります。そのような故人様やご家族様の希望に添える葬儀が行えることが一番大切です。

費用を抑えることも大事ですが、それにとらわれずにご家族様の負担にならずに、故人様の思いを叶えることの出来る家族葬の最大限のメリットを表現できるような心温まる葬儀が行えることを願います。

\ SNSでシェアしよう! /

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クオーレ萱島(寝屋川) 家族葬・葬儀の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!