お急ぎの方|24時間365日お電話にて受付中!

公式 クオーレ萱島

大切なご家族を亡くされた場合に葬儀を行います。葬儀を行う際には、必ず喪主を決めなくてはなりません。ご遺族の代表である喪主とはどのような役目があるのでしょうか?

そう頻繁に行うことは望まない葬儀ですが、避けては通れないのも事実です。喪主には誰がなるのか?喪主とはどのような仕事なのかなど、大切な役割である喪主について詳しく解説します。

喪主の決め方

そもそも喪主とは何?

喪主とはご遺族を代表して葬儀を執り行う人のことを指します。葬儀の日程、予算やどこの葬儀屋に依頼するか、葬儀の規模などすべてのことを決めるのが喪主だといっていいでしょう。

葬儀に来ていただいた弔問客へのあいさつや、お寺様とのやり取りなどもすべて喪主の仕事となります。

喪主を決める時の優先順位

喪主を決めるときには絶対にこうするべきだという、決まりやルールがあるわけではありません。地域により風習も違うのですが、一般的な優先順位を紹介します。

◆「遺言があれば、それが第一優先」
遺言があれば故人様の意志ですから、それが優先となります。

◆「遺言がなければ、第一順位は配偶者」

昔はその家の後継ぎである長男や男性が選ばれました。
現代では核家族化も進み、「家」意識も薄れているので
男女を問わないで配偶者や一番血縁関係の深い方を選ぶことが多いようです。

具体的な順序は以下になります。

1.配偶者
ほとんどの場合、個人の配偶者が喪主を務めることが多いです。客観的な視線を忘れずに喪主になる人で変な憶測を人に持たれないように配慮した選出が大事です。

2.長男
配偶者がいても長男が喪主に立つことも多いです。やはり後継ぎということで社会人であれば長男が喪主になっても違和感を持たれることは少ないでしょう。

3.次男
長男がいない場合やなんらかの事情で長男が喪主にならないのであれば、次男が喪主を務めます。一番上が女の子の場合も男の子を優先して次男が喪主になることが多いです。

4.長女
男の子がいない場合や配偶者が高齢などの理由ならば長女が喪主を務めます。

5.長女以外の直系の兄弟姉妹
さまざまな理由で長男、長女ではなく直系であれば兄弟姉妹が喪主を務めます。

6.故人様の両親
子供がいない場合は両親が喪主を務めることになります。

7.故人様の兄弟姉妹
結婚していない場合や直系の親族がいない場合や一番近しいものが喪主を務めます。

配偶者や血縁関係者がいない場合は知人や友人でも構いません。
介護施設などに入所していた場合は、介護施設の代表者が喪主を務めてくれる場合もあります。
この場合は友人代表や世話人代表と呼び喪主の役割を果たしてくれます。

また、喪主は1人だけという決まりはありません。友人などが複数で喪主を務めてくれる場合もあります。

喪主の役割と心構え

役割

葬儀社の選定

最初にどこの葬儀社に依頼するか決めなければなりません。病院や施設で亡くなられた場合は、決まった葬儀社を紹介されることもあります。葬儀社により葬儀にかかる費用はまちまちです。何社か比較して決めることも大切ですがすべて喪主が決めることとなります。

お寺への連絡

お寺への連絡も喪主の仕事です。家のお墓のあるお寺のことを菩提寺と呼びますが、早急に連絡をして、葬儀の日程や段取りを話し合います。菩提寺がないときは、葬儀社に相談すればお寺を手配してくれます。

あいさつ

喪主としてあいさつは大切な仕事です。通夜式、告別式では受付では弔問客にあいさつします。その他様々な場面で喪主としてのあいさつがあります。

お寺のご僧侶が葬儀場に到着したときにはお布施を渡して、あいさつします。火葬場への出棺のときにも参列してくれた方々にあいさつします。精進料理の席でも、始まるときと終わるときにも一言あいさつすることが多いです。

心構え

故人をしのび、参列した方への感謝の気持ちを忘れずにご自身の言葉であいさつなどの言葉や想いを伝えることが大切です。特に出棺前のあいさつは葬儀の締めくくりとして肝心な場面です。

ご遺族や喪主にとっても悲しみのさなかで気の重いものですが、乗り越えなければならない大切な場面です。

途中で言葉がつまり感極まって涙であいさつが出来なさそうなことが予想できるのであれば、家族や親族の他の誰かが喪主代理としてあいさつしてもかまわないので、よく相談して考えておきましょう。

喪主で困ったこと総集編

葬儀のすべてを仕切るわけですから、重責であることは間違いありません。具体的な失敗例と対処法を紹介しますので喪主を務めるときには参考にしていただくと良いと思います。

供物や供花忘れてしまう

葬儀でお供えの供花や供物は葬儀場に直接注文してくださる方もいますが、親戚などでは、喪主が頼まれることもあります。忙しさのあまり注文を忘れる方もいるようです。通夜に間に合わずに告別式になんとか間に合ったケースがありました。事前の打ち合わせを葬儀社の人と確認しておくことです。

葬儀中、忙しすぎてご飯を食べる時間がない

告別式が終わると霊柩車で火葬場へ見送りますが、これが結構な時間がかかります。その際、お腹が空いて仕方なかったという方がいます。ほとんどは正午の12時に葬儀が終わり火葬を終了して戻ってくるのが3時から4時頃となります。その間にもやることが多すぎてご飯を食べる時間がないのが現実のようです。簡単に食べることの出来るおにぎりやサンドウィッチなどの軽食を準備しておきます。

寒暖の差が激しい

出棺の際の見送りは外でする場合が多いです。季節により夏は暑く、冬は寒くなります。意外に出棺は時間がかかるもので参列下さる方のご負担が気にかかります。葬儀社の方とよく相談して配慮してもらえるように伝えておきましょう。

あいさつが難しい

喪主の仕事であるあいさつに戸惑い、前日からあらかじめ紙に書いて用意しておいても半分もしゃべれなかったという方も多いです。あいさつする段階で頭が真っ白になることもあります。早口になってしまい書いていたことが思いだせなくなるのです。話すことが上手な人などそうそう多くありません。口下手でも少しゆっくりと落ち着いて話せばいいですからあせらないことが大事です。

まとめ

喪主の仕事は葬儀が終わった後も法要等の日を決めるなど、役割が多くて、全てを一人で背負うことは負担が大きいです。それに本来は大切な家族が亡くなり精神的にもつらい状況です。慣れない葬儀で肉体的にも疲れることが正直多いです。

無理をせずに家族や親族、友人の助けを借りて乗り切ることも大切です。困ったことや分からないことは、葬儀社の人に遠慮なく相談に乗ってもらい大切な最後の別れの場を和やかに終えることが望ましいです。